雨漏りの修理に火災保険を適用する場合の注意点

subpage01

家屋に雨漏りがあると、一刻も早く修繕を行いたいと思うものですが、修繕費が高額になると思い込み、結局、何年も修繕しない事例も少なくありません。



しかしながら、雨漏りを修繕しないでおくと、家屋に致命的なダメージを与えかねないので、早期に対処することが必要です。



そこで、修繕費を徹底的に抑える方法として、火災保険を利用するというものがあります。

火災保険というと、火事が起きた時にしか適用されないと思っている人も少なくありませんが、実は火災保険には風災保障というものがあります。
風災保障は、家屋が突風・強風・台風・豪雨などの強い風で破損した場合に適用されるものであり、経年劣化は対象となりません。


ここで、問題となるのが何を持って「風水害」として認められ、何をもって「経年劣化」と判断され、適用外になうのかということですが、これを決めるのは、保険会社ではなく保険加入者が依頼する専門業者に委ねられているのです。

そこで、強風等が原因だと思われる、雨漏りが発見された場合は、早期に専門業者に調査依頼を行うことが重要です。


その際の業者選びですが、屋根修理の実績がある業者を選ばなければなりません。そこで、優良な業者を選ぶ方法ですが、ネットなどで口コミをチェックし、ある程度候補を絞ったら、その業者に対して風災保障に係る、調査事例を聞いてみることが得策です。

実際に調査実績が豊富であるなら、こちらの質問に的確に回答してくれるでしょう。


大切なのは、ネットの口コミだけを頼りにするのではなく、実際に業者に会って疑問に感じていることを聞くことが大切なのです。



雨漏りの修理は高額になる可能性が高いので、自分であきらめるのではなく、まずは専門業者に相談することが重要です。