雨漏りの修繕に火災保険を利用する方法

subpage01

経年とともに家屋の修繕は至る所で必要となります。それだけに、新築当時から、将来の修繕費を積み立てておくことが大切ですし、併せて定期的な家屋の点検を行うことで修繕費は最小限に抑えることができます。



しかしながら、風水害など不慮の出来事が発生した場合には、対応を考えなくてはなりません。

特に、屋根の修繕は高額な修理費用が必要となることから、ついつい自分で応急処置を行い。



そのままにしてしまう人も少なくありませんが、雨漏りなどをしていると、柱を腐敗させてしまい、さらに大がかりな修繕が必要になる場合もありますから、早期な対応が必要です。

因みに、漆喰の崩れによる雨漏りの場合、その修繕費用は30万円から80万円が相場となりますので、かなり大きな出費となることは間違いありません。

こういった高額な出費を避け、実質無料で修繕する方法として、火災保険を利用する方法があります。



一般的に火災保険には、基本補償内容に風災補償というものがあり、経年劣化したものは対象外となりますが、台風などにより雨漏りが生じた場合には、高確率で保険が適用されますので、風水害に該当すると思われる場合には、早期に保険会社に相談することが大切です。

ただし、火災保険を利用する場合、申請が認められて保険金が入金されるまでに時間がかかる場合があります。修繕を後回しにするわけにはいきませんので、その間は実費で対応する必要がありますので注意が必要です。

いずれにせよ、雨漏りの修繕は、早期に行うことが重要なので、平素からいろいろなパターンを想定しておくことが大切です。