雨漏り修理をするときには火災保険を確認しよう

subpage01

大切なマイホームの天井から水滴が落ちてくる雨漏りを発見したら、部屋の天井裏や屋根裏などでは、大変なことが起きているかもしれないので、すぐに修理をする必要があります。部屋の天井から水滴が落ちてくるまでには、屋根から雨が入り込んで、さらに屋根裏と天井裏を通り、ある程度水分がたまる間に天井にしみこんだ水が水滴となって落ちてきているはずだからです。

天井と屋根だけではなく、その間の家の構造として重要な部分が水浸しになっていると考えると、後回しにできない大変なことが起こっていることを理解することができると思います。



雨漏り修理をする場合には、天井と屋根だけではなく、その間の建材の修理が必要になる場合もあります。
天気が回復して、うまく乾燥するとよいのですが、水分をたっぷりと含んでしまった場合には、修復が必要になり高額な修理費用が掛かることになります。



雨漏りの修理をするときに、屋根の破損の原因が強風によるものであれば、火災保険を使うことができる可能性があります。


火災保険は、火事になって、家が燃えてしまったときのために備える保険ですが、自然災害に備える保険でもあるため、風による風災が含まれていることが多いのです。


台風による風や水の被害の場合には、適用になることが多いため、雨漏り修理をするときには火災保険を確認することがおすすめです。古い住宅の場合には、経年劣化と見分けがつきにくいこともありますが、風による被害には保険を使うことができ、部分的に適用になることもあるので、保険会社に確認してみましょう。