火災保険をチェックして雨漏り修理を

subpage01

急な大雨や強風、台風などの時に、部屋の天井から水が落ちてきたり、天井の隅や壁が濡れていることを見つけたら、すぐに雨漏り修理をする必要があります。


部屋の内部にまで、水分がしみ込んできている時には、すでに屋根裏や天井裏、壁の内側など、家の構造に水分が大量に入り込んでいる状態になっている場合が多く、見えない部分は水浸しになっている可能性が高いのです。

雨漏りがした時には、屋根の修理をするだけでなく、屋根裏や天井裏、壁の内側の補修をする必要があったり、水に濡れてしまった天井や壁の補修もすることになるため、修理費用が高額になる傾向があります。



さらに、屋根裏や天井裏だけで水分がとどまらず、壁の内側を伝って、床下にも入り込むことがあり、この場合には、壁や床下の板をはがして修理をすることになり、費用が大変高額になり、建て替えの必要がある場合もあるので、雨漏りを発見したらすぐに修理をすることが必要なのです。


雨漏りの修理費用は、高額になる事が多いのですが、火災保険に入っている場合は、修理費用が補償されることがあります。



強風や台風など風のために屋根が損傷を受けた場合には、火災保険の風災が適用になるのです。


経年劣化など、家が古くなったために雨漏りがするようになった時には、適用されませんが、風が原因で屋根が損傷を受けた場合には、修理費用を保険で支払うことができるので、自宅の火災保険をチェックして、保険会社に連絡するとよいでしょう。