マンションの雨漏りは色々な面で困難

subpage01

マンションの雨漏りは困難な事が多いです。

雨漏り箇所が一体何処から漏れて来るのかが水だけに特定するのが困難です。
雨が降りますと建物を見ると解りますが、外壁、屋上部分、バルコニーなど少しの隙間があればそこから内部に流れ出します。

ほとんど天井部分から水がしたたりおちますが、壁を伝って漏れてく場合も有ります。
一戸建てですと天井部分に人間が入り込むこともできますが、マンションですとある程度は入り込めるのですが、全体を見る事はかなり難しく、流れ落ちて来た部分の天井をはがして、中に潜り込み雨漏りや水漏れ部分を特定し、補修しますが雨漏りや水漏れが出たら、まずはすぐに管理組合やマンション管理会社に連絡です。原因調査は直接、上の階の人に掛け合うと必ず人間関係がおかしくなりますので必ず組合の役員や管理会社の人に立ち会ってもらう事も大切です。



一旦、人間関係がこじれますとかなりや面倒で、今後ずっと住み続けるのも嫌になったら、たまりません。


共有部分が原因なのか所有部分が原因なのか、其の違いで補修費はどこが払うかが違ってきます。



分譲マンションとなると、天井裏は共有部分で共益費の中でほとんどのマンションは火災保険に加入していますので、そこから雨漏りの補修費が賄われますが所有部分が原因であれば個人で支払いも有り得るでしょう。
やはりこれも個人加入の火災保険から支払われる事も多いので保険は必ず入っておくべきです。


保険で備えることは重要です。



災いはいつも急にやってきます。

わかりやすい情報

subpage02

経年とともに家屋の修繕は至る所で必要となります。それだけに、新築当時から、将来の修繕費を積み立てておくことが大切ですし、併せて定期的な家屋の点検を行うことで修繕費は最小限に抑えることができます。...

NEXT

生活の事柄

subpage03

大切なマイホームの天井から水滴が落ちてくる雨漏りを発見したら、部屋の天井裏や屋根裏などでは、大変なことが起きているかもしれないので、すぐに修理をする必要があります。部屋の天井から水滴が落ちてくるまでには、屋根から雨が入り込んで、さらに屋根裏と天井裏を通り、ある程度水分がたまる間に天井にしみこんだ水が水滴となって落ちてきているはずだからです。...

NEXT

初心者向き生活

subpage04

家屋に雨漏りがあると、一刻も早く修繕を行いたいと思うものですが、修繕費が高額になると思い込み、結局、何年も修繕しない事例も少なくありません。しかしながら、雨漏りを修繕しないでおくと、家屋に致命的なダメージを与えかねないので、早期に対処することが必要です。...

NEXT

基礎知識

subpage04

急な大雨や強風、台風などの時に、部屋の天井から水が落ちてきたり、天井の隅や壁が濡れていることを見つけたら、すぐに雨漏り修理をする必要があります。部屋の内部にまで、水分がしみ込んできている時には、すでに屋根裏や天井裏、壁の内側など、家の構造に水分が大量に入り込んでいる状態になっている場合が多く、見えない部分は水浸しになっている可能性が高いのです。...

NEXT